雲雀丘学園トップページ学園長便り世界へはばたくIT時代を生き抜く親孝行・やってみなはれことばの扉
 

メイン

2018年12月25日

「変えよう変わろう」

~雲雀丘学園常務理事・学園長 岡村美孝~

20170609.jpg
「冬至冬中冬はじめ」 
 今日12月22日は冬至、冬至は立冬と立春のちょうど真ん中、「冬中」になります。しかし寒さはいよいよこれからが本番、冬至から「冬が始まり」、立春の前あたりが一場寒い時期になります。

20181225-3jpg20181225-1jpg
 校庭から高校棟をのぞむ              雲雀はあいさつから

前回、前々回の「学園長便り」で小学校、中高等学校の今年の取り組みを書かせていただきましたが雲雀丘幼稚園、中山台幼稚園も大きな改革を進めました。両幼稚園とも英語教育については毎年、改善を図っていますが、今年度はネイティブの英語の先生を幼稚園に常駐してもらい、園児と終日、コミュニケーションが取れるようにしました。残念ながら両幼稚園で先生を分け合っていますが、今後専任になるよう努力していきたいと思います。このネイティブの先生の指導は保護者からの評価も高く、園児への英語教育のレベルは上がったものと確信しています。

20181225-2jpg20181225-4jpg
 年末の登校風景

雲雀丘幼稚園は通園バスを今年、導入しました。これも長年検討されてきたことです。通園の利便性を図ることで入園者が増えることを期待したいと思います。中山台幼稚園はこれも懸案であった自園調理の給食が提供できるようになりました。食育の向上を目指しての対応ですが園児にも保護者の皆様からも喜びの声をいただいています。

食は人間の根本的な行為であり自園調理を通して、いっそう豊かな園児教育が推進されることを願っています。しかしこれらは一方では保護者の皆様にご負担をおかけすることでもあります。学園としては新たなご負担が提供されるものに見合うものであるか、否、それ以上になることを目指して不断の努力を重ねねばなりません。

「変えよう、変わろう」
変化の時代にあって同じことを繰り返すことは劣化を意味します。雲雀丘学園は常により魅力ある学園を目指し変わっていく学園でありたいと思います。

(2018.12.22)

2018年12月18日

「改革が進む中高等学校」

~雲雀丘学園常務理事・学園長 岡村美孝~

20170609.jpg
別に張り合う気持ちは一切ありませんが、同年配に後ろから追いつかれることはあまり嬉しくないことを前々回のこの欄で書きました。複数(と言っても2名)の方から面白かったとのメールをいただきました。で、調子に乗って続編になります。

20181218-5jpg
中庭の鯉、金魚も一年で大きくなりました
過日、この日も大変寒い朝でした。後ろを少し気にしながら歩いていましたが、問題の坂道を越え、しばらくの平坦なところで後ろから突然「おはようございます」。「また追いつかれた」。そこからは私も足を速め、学校までご一緒しました。それにしてもコート、マフラー、手袋、頭にはニットの帽子と防寒周到の私に対して、M先生はコートも着ず普段の服装。大丈夫なのかなと思いながら、特に無防備の頭部が気になっていました。

20181218-2.jpg20181218-3.jpg20181218-4jpg
 中庭で栽培のブロッコリー    大根                 にんじん

こんな元気いっぱいの先生方に支えられて学園中高等学校は今年も改革が進み大きな成果を挙げてくれました。
まず「グローバル教育部」の設置。英語科とタッグを組んで、改革が進められました。2年目を迎える「研究大会」も内容が一段と充実し、内外に雲雀丘学園中高の教育内容の高さを示すことができました。特に本学園の特徴であるクリル英語は英語教育をリードするものであり教科を横断して活用されるものです。ここでも本学園中高は兵庫はおろか全国の先駆的役割を果たしていってほしいと思います。

このほかいままでの中学英語暗唱大会に加え、高校2年英語プレゼン大会が開催されました。即興ディベート授業で生徒の対話能力を高める挑戦が始まりましたが、こうした中から、学園ESS部が阪神地区大会でどこよりも灘高校や神戸女学院を破って優勝したことは、この上ない喜びです。

また中井校長が自ら足を運んでドイツ・ヘルバルト校との協定を結ばれましたが、これは中高25年の懸案であり今後、同校との一層の交流が進むものと思います。海外留学や交流を活発にするための学内の制度も着々と改善、整備されており、学園の生徒にはどんどん海外に目を向け、挑戦してもらいたいと思っています。

高2の修学旅行も今年度から旅行先が北海道とシンガポールの選択制になりました。東南アジアのダイナミックな変貌を肌で感じることはこれからの世界で活躍する雲雀っこにとって貴重な体験になります。

自慢のギターマンドリン部は今年は全国大会で朝日新聞社賞を獲得しました。この賞は実質全国第2位。「雲雀にギターマンドリン部あり」の評価を一層確実なものにしてくれました。

そして師走になってまたうれしいニュースがありました。中高等学校の数学科道北先生(教務部長)が「平成30年度文部科学大臣優秀教職員表彰」を受賞することになりました、来年1月に東京大学で文部大臣から直接、賞状が手渡されます。全国から30名のうち一人であり、学園としても大変うれしいこと、道北先生には一層の研鑽とご活躍を期待したいと思います

(2018.12.15)

2018年12月13日

「小学校の改革は続く」

~雲雀丘学園常務理事・学園長 岡村美孝~

20170609.jpg

学園年の瀬の風物詩、「クリスマス・ミニコンサート2018」が今年も昨日、告天舎で開催されました。ローズ・エコーさんのつややかな合唱に大勢のお客様が惜しみない拍手を送られました。指導されている岡村先生のバリトン独唱、桑沢先生のピアノ演奏のあと恒例のローズ・エコーさんとお客様が一緒になって歌う楽しい「みんなで歌おう」は会場全体が一つになって大いに盛り上がりました。
20181213-2jpg20181213-3jpg

こんな中、学園にはビッグニュースが飛び込んできました。
雲雀丘学園小学校がIPA主催第14回「ひろげよう情報モラルセキュリティコンクール」2018で文部大臣賞を獲得したのです。快挙。日ごろから情報モラル教育に注力されてきた学園小学校の先生方に、心から敬意を表したいと思います。
20181213-1jpg
文部科学大臣賞
このコンクールには全国55000点を超える応募がありました。学園小学校は、情報モラルや情報セキュリティにおいて、全国で最も優れた活動を行っている学校として表彰されたものです。まことに有り難くうれしい限りです。



今年の学園小学校は先生方全員が本当によく頑張ったと思っています。まず長年の懸案であった学童保育を実現しました。これも放課後を、単なる預かりということではなく「子供が成長する時間」としてとらえ、「やってみなはれ塾」を開設し、保護者からの要望が多い「プログラミング」や「そろばん」「理科の実験教室」も取り入れました。

また4年生は全員がタブレットを個人所有し学校はもちろん、家庭においても学習のツールとして使用するようになりました。2年後には小学校4年生以上は全員がタブレットを使ったレベルの高い授業ができるようになります。

特にプログラミング教室「HiRo2Ba」では3年生、4年生を中心に200名以上が学び、これからのIT時代に備えています。先月は教室を運営するプログラボさんと協力し当学園でロボットプログラミングコンテストを開催し多くの保護者の参加もありこの様子はマスコミにも取り上げられました。

さて2020年からは小学校5・6年生での英語教育の教科化が開始されますが、学園小学校では一足早く本年4月から、1年生から6年生まで週2時間以上の英語授業を始めています。すべての授業が、専科の英語の先生とネイティブの二人で会話を主体の英語授業です。

小学校にはこれからの教育をしっかり見据えて学校改革をどんどん進めていってほしいと思います。さらに注文を付けるなら取り組んできたことの効果測定です。改革自体が目的になることや、自己満足に終わってはなりません。大切なことは一人ひとりの児童が確実に成長しているかどうかです。来年も小学校は変革の年にしたいものです。

(2018.12.12)

2018年12月06日

「師走と両幼稚園」

~雲雀丘学園常務理事・学園長 岡村美孝~

20170609.jpg
「山茶花の咲きてことしも師走かな」(久保田万太郎)

中庭の山茶花が師走の風に静かに揺れています。学園長室の隣を下校する児童も日の短くなったせいか足取りも早くなったように思います。

20181205-1jpg20181205-6jpg
                               雲雀丘幼稚園の「さくひんてん」のお客様

12月1日、雲雀丘幼稚園の「さくひんてん」が開催されました。朝早くから園児とご家族の方がたくさんお見えになり、作品を指さしながら笑顔で楽しく会話をされ写真を撮られていました。そんな光景は実にほほえましいものです。それにしても園児の成長には目を見張るものがあります。入園してから毎月描く絵を綴じられた冊子が置かれていましたが月を追うごとの成長の軌跡がよくわかりました。
20181205-4jpg20181205-5jpg
雲雀丘幼稚園の「さくひんてん」

子供たちは日々の園生活の中で友達とふれあい、先生と話し、自然に飛び込む中で経験を積み上げます。昨年も同じ感想を持ったのですが雲雀丘幼稚園の園児の絵には用紙からはみ出すような元気いっぱいのもの、色合いが多彩なものが多いように思いました。緑豊かな環境で太陽を一杯に浴びて伸び伸びと育っているのが想像できます。

12月2日は中山台幼稚園の「クリスマス音楽会」が学園講堂でありました。こちらも講堂に入りきれないくらいのご家族の方がお見えになりました。合唱の時の大きな声、とにかく大きい。これだけでも元気をもらえます。舞台の上から客席のご家族に向かって手を振る園児、晴れ舞台で小さな心も踊っているのでしょう。
20181205-2jpg20181205-3jpg
中山台幼稚園の音楽会                PTA会長自ら場内案内

面白いチャレンジと思ったのは年中組の合奏「線路は続くよどこまでも」でした。園児の指揮者は曲の最後の部分に観客に手拍子を求めました。客席の半分づつが交互に応じ、まさに講堂の中が一体となって盛り上がりました。長岡園長は最後のあいさつで「ラデツキー行進曲をしたかったが園児には少々難しいと思ったので」とお話でしたが、いやいや中幼の園児なら十分にできます。将来大人になってニューイヤーコンサートを聴きに行ったとき、きっと園児は中幼の音楽会を思い出すに違いありません。

素晴らしい両幼稚園の師走初めの催しでした。

(2018.12.5)