雲雀丘学園ホームページ学園長便り世界へはばたくIT時代を生き抜く親孝行・やってみなはれことばの扉
 

メイン

2019年01月31日

「記念学園歌、作詞を伊集院静氏にお願い」

~雲雀丘学園常務理事・学園長 岡村美孝~

20170609.jpg
今週初め1月29日(火)、作家伊集院静氏を訪問しました。本学園の鳥井理事長、サントリー宣伝部の山田社長とご一緒しました。本学園は来年、2020年に創立70周年を迎えますが記念の学園歌を作ろうということになり、同氏からはすでに内諾を得ていたのですが改めて正式に作詞のお願いに上がったわけです。

20190131-1.jpg最初、現在の学園歌の譜面を伊集院さんにお見せしたのですが、譜面を見るなり、軽く口ずさみながら「音域も考慮され歌いやすくいい学園歌」と話され、次にCDで実際に聞いていただくと「学園のイメージに合った穏やかで伸びやかな素晴らしい曲」と絶賛されました。一昨年、日経の連載小説「琥珀の夢」を執筆されるにあたって学園を見学されましたが、その時の生徒、児童の印象とも重なったとのお話をいただきました。

作曲の方をお願いする「トライトーン」が合唱するCDを聞いていただきましたが収録の7曲を詳しく説明されるなど音楽への造詣も深く、「作曲者についてもよく分かった。この方ならいい曲を作っていただけます」と太鼓判を押していただきました。

曲調については事前に学園で調べた記念学園歌に対する教職員へのアンケートや生徒へのヒアリングも参考にしながら話し合いましたが、明るく元気で勇気が湧いてくるようなもの、応援歌や行進曲としても使われるもの、「孝道」「挑戦」など建学の精神もしっかり伝えられるもの、歌いやすく歌い続けられるものなどで意見がまとまっていきました。

余談になりますが伊集院静氏は作詞家しても活躍されておりレコード大賞も受賞。「ギンギラギンにさりげなく」などのヒット曲があります。

記念学園歌は2020年の創立式典での披露を考えていますが、今から楽しみにしていただきたいと思います。

(2019.1.30)

2019年01月24日

「好きで嫌いで理想の人」

~雲雀丘学園常務理事・学園長 岡村美孝~

20170609.jpg
阪神の新監督に就任した矢野新監督を応援する「虎耀会」がとし始め開催され出席しました。この会は私の母校市大のOBや現役の学生で構成されています。この日は東京からの出席も多く、22歳から80歳まで老若男女・多種多彩が集合しました。

20190124-2.jpg20190124-3jpg
虎耀会                          六甲おろしを大合唱

20190124-1jpg私は初参加、矢野監督にお会いするのも初めてでした。第一印象は「爽やか、まじめ、かっこいい」でした。3時間余り、監督は出席者の質問や意見に極めて丁寧にかつ積極的に答え、ファンを大切にする苦労人に思えました。以下、その時に出た話です


「超積極的」「あきらめない」「誰かを喜ばせる」の2軍監督の時からの方針を継続するとのこと。選手の育成には自信があるが、選手をこのように育てるということはしない。目標を持たせたらあとは自分で考えさせる。自らやろうという気持ちにさせなければ成長はない。

「うまい」選手は残っていない。下柳にしても金本にしても「へたくそ」だった。自分もうまくいってないときがパワーをもらって成長した気がする。

「予祝」(あらかじめ祝うこと、前祝い)が大切。例えばスクイズならうまくいったシーンを頭に描かせる。観客が沸いている、両親が喜んでいる、飛び跳ねてホームインした、ヒーローインタビューを受けている。これを重ねると本当にスクイズが成功する。

矢野監督は読書家と推察しました。語彙が多く、話が具体的論理的でした。その一方、強い巨人と戦いたい、80勝60敗を目指す、負けた試合でも阪神ファンに喜んでもらえる試合をするという熱血漢でもありました。

私からは「今まで見てきた中で好きな監督1名、嫌いな監督1名、理想の監督1名を挙げて」と質問しました。しばらくいろいろな監督の名が出ましたが最後に「好きな監督は星野さん、嫌いな監督は星野さん、理想の監督は星野さん」。阪神の監督に指名されたとき星野さんがいたら相談に行ったと思います、とのこと。

私は学校の先生もこんな先生であってほしいとふと思いました。いい先生というのはよく怒られて嫌な先生であり、頑張ったときは一緒に喜んで頭をなでてくれる好きな先生であり、困ったときに相談に乗ってくれる先生だと思います。

(2019.1.24)

2019年01月18日

「313名合格祈願」

~雲雀丘学園常務理事・学園長 岡村美孝~

20170609.jpg
いよいよセンター試験が明日になりました。体調には万全を期していると思いますがそれでもなお一層の注意をして人生の大一番に臨んでください。私は人生には三度勝負しなければならないときがあると思っています。そのうち一回は間違いなくセンター試験です。雲雀丘学園高等学校3年生の皆さん、今更じたばたしても仕方がない。今となっては雲雀丘で過ごした日々を思い起こし、落ち着いて、持てる力を十分に発揮すること。静かに天命を待つことにしてほしいと思います。
20190118-4jpg20190118-3jpg
                               313名の写真と名簿

先週土曜日、1月12日、私は高3学年主任の守本先生と二人で北野天満宮に合格祈願のお参りをしてきました。「合格のためにやれることは何でもやる」これは守本先生のモットーですが、当日のいでたちは、胸ポケットに女子生徒の「大願のボウ」がさしこまれ、首には男子生徒の「成就のネクタイ」が結ばれていました。
20190118-1jpg20190118-2jpg
 神前に開示

天満宮本堂に昇殿、直ちに神前に高3生全員の名前、写真を開示しました。宮司からは神妙に雲雀丘学園高3生全員合格の祈願がなされ、併せて私たちも313名全員の合格のお祈りをしました。

小雪が舞うかの大変寒い朝でしたが、ご祈祷を終え外に出るときに、ちょうど薄日が差し始め、守本先生と「吉兆」を歓びあいました。天満宮からのお下がりの絵馬に「志望大学合格祈願」としたため絵馬掛所に掲げました。

高3諸君の健闘を祈っています。やってみなはれ!

(2019.1.18)

2019年01月08日

「あいさつ笑顔で日本一」

~雲雀丘学園常務理事・学園長 岡村美孝~

20170609.jpg
新しく年が変わり新学期になって校門の立て看板を新装しました。この立て看板は小学校職員の手作りの力作です。新スローガンは「雲雀はあいさつ笑顔で日本一」。これは石田校長先生が登校時、児童に「おはよう」に併せてよくかけられる言葉を拝借しました。石田校長は本校に赴任以来、毎朝校門に立たれて登校する児童に声をかけられてきました。私も見習った一人ですが、石田校長は今の児童は「今までで一番挨拶ができている」と話されています。
20190108-4jpg20190108-5jpg

この頃では児童会の役員や交通部の児童、先生方もたくさん出られてピーク時は挨拶の声が途切れず大変賑やかです。多くの児童は立ち止まって元気いっぱいに自分のほうから挨拶をし、警備員さんとも笑顔で挨拶を交わす仲良しです。私にとって朝の登校の時間は、児童や生徒から元気をもらい、有難さを感じる時間になっています。
20190108-1jpg20190108-9jpg

2学期の終わりころから複数の児童が歩道を掃除するようになりました。毎日一生懸命にやるので、あまり無理をしないように言っているのですが今朝の寒さの中も最後まで掃除していました。石田校長が自らほうきをもって掃除をされるのを子供たちが見て、やり始めたものですが、やはり上の人の姿勢が教育には大切です。
20190108-2jpg20190108-10jpg

さて2019年、平成最後の年が始まりました。今日1月8日は、前日に昭和天皇がお亡くなりになり、30年前、平成が始まった日になります。皆様は何をされていましたでしょうか。
私はサントリーの新宿支店長をしており、世界一の繁華街を担当し日夜、酒を売り歩いていました。一方、バブルがはじけいわゆる「失われた20年」が始まろうとした年でもありました。

新元号が始まる今年も厳しい見方を、マスコミをはじめ多くの方々がしています。米中覇権争い、消費税率10%、それに伴う景気の急落など悪い材料には事欠きません。しかし東京五輪、大阪万博、インバウンド4千万人、ラグビーWC開催など夢もたくさんあります。

私の経験からいうと、バブルの崩壊やリーマンショックなどは突然やってきて前触れはありませんでした。前触れのある危機などはないと思っています。むしろいい材料に全力で取り組むことが日本経済の在り方ではないでしょうか。

雲雀は「あいさつ笑顔で日本一」を目指します。

(2019.1.8)