雲雀丘学園ホームページ学園長便り世界へはばたくIT時代を生き抜く親孝行・やってみなはれことばの扉
 

2019年01月30日

プログラミング言語、何を学ぶべきか?

20180402-0.jpg
学習指導要領の改正でプログラミング教育が推進され、プログラミングを始めたり、プログラミングやそれに準じる学習機会が多くなってくることと思います。子どものころからプログラミングになじみがある人も増えてきて、さらに独自で学び進めていくこともあるでしょう。
では、個人でプログラミングを始めコーディングで何か表現したいと考えている場合、どのプログラミング言語を学んでいくべきでしょうか。書店に行くといろいろな種類の解説本が多く並んでいますが、さあやるぞと思っていても、どの言語に手をつけたらいいのかと迷う人もいるかもしれません。自分の周りにプログラミングについて詳しく知っている人や経験者がいるならばわからないことをきいたり教わったりできますが、そうでない場合は調べる必要があります。実際いくつかの種類の言語があり、それぞれに向いている・対応している分野が決まっています。自分がしたいこと(アプリ開発がしたいのか、それともWebサイトを作りたいのかなど)にマッチする言語選びがまず重要でしょう。また、言語それぞれに難易度が異なっており、自分の環境の中で使える言語でなくてはすぐには始めることはできません。開発環境をインストールしたり、設定が多く必要な言語は入門者にはとっつきにくいところがあるかもしれません。逆にパソコンさえあればすぐに始めることができ、記述後すぐに結果が表示されるような言語は初期コストもあまりかからずなじみやすいものだと言えるでしょう。
どの言語を学ぶにしろ、続けていけばプログラミングの考え方が身につきます。学校授業でプログラミングを行っていくことを考えると、それぞれの学校の置かれた環境や児童・生徒の状況に見合った言語選びが大切です。それにプラスして将来ニーズがあり、それを知っていれば幅が広がるようなプログラミング言語を学習できるとなおよしだと思います。

(中学校高等学校 教諭 増田勝彦)

雲雀丘学園ホームページ学園長便り世界へはばたくIT時代を生き抜く親孝行・やってみなはれことばの扉

2018年12月19日

「年の瀬に快挙!! ICT教育で一歩前へ」

20171208-0.jpg
 雲雀丘学園小学校では従来からICT教育に力を注いできましたが、その際には情報モラル・セキュリティーに関する教育もなくてはならないものとして取り組んできました。
 この度、IPA主催 第14回「ひろげよう情報モラル・セキュリティーコンクール2018」において、こうした情報モラルやリスクマネジメントに関する取り組みが評価され、活動事例部門で文部科学大臣賞をいただくことができました。
 2020年の小学校学習指導要領改訂でプログラミング教育が導入されるなど、教育におけるICT機器の活用は今後さらに進展していくと思われます。確かにこうした 機器を有効に使えば、子供たちの学習に対する興味が高まり、内容豊かな授業展開が可能になります。一方で、SNS等を通じてのいじめや情報拡散のリスクについてもしっかりと子供のうちから理解し、適切に情報機器を使用できることがより一層重要になってきます。
 今後についても、当小学校ではICT教育を一層推進していきますが、その際には情報機器の有効活用と合わせて、情報の安全性を担保することの重要性に一層留意し取り組んでいきます。
 12月21日終業式冒頭で授賞式を行いますが、東京から独立行政法人情報処理推進機構の富田達夫理事長がお見えになり賞状を授与していただく予定です。
*IPA: Information-technology Promotion Agency, Japanの略 独立行政法人情報処理推進機構のこと。日本におけるIT国家戦略を技術面、人材面から支えるために設立された、経済産業省所管の中期目標管理法人たる独立行政法人である。(引用:ウイキペディア)
20181219-1.jpg

(雲雀丘学園小学校 副校長 成地 勉)

雲雀丘学園ホームページ学園長便り世界へはばたくIT時代を生き抜く親孝行・やってみなはれことばの扉

2018年12月12日

IT手話

20171212-0.jpg 
 個人的なことですが今年65歳となりました。人生100年時代ということですから、あと35年=3万時間もあるつもりでこれからの人生設計を考えなくてはなりません。雲雀丘学園に来て早8年が経とうとしていますが、私の40数年の仕事人生のなかで年数以上にたいへん大きな経験でした。この8年間はそれまでの30数年の会社勤務の経験値をゼロに戻して再出発したようなものでしたが、本当に学園の仲間や子どもたちとの生活は新鮮で目の覚めるようなことの連続でした。そして今また次の人生の第3ラウンドを目の前にしてどのような選択をしようかと考えるときに至っています。
 幸せなことに東京オリンピック・大阪万博というビッグチャンスが巡ってきました。何かお役に立ちたいなと漠然と思っているうちに東京オリンピックのボランティア募集は定員の2倍を超えて終了したようです。大阪万博は地元です。開催するからには人類のさまざまな課題の解決につながるような大成功を収めるようにと祈っています。そして自分は何をやるかですが、手話を勉強して万博に来られた世界の方々を案内できるようになりたいと思っています。ところが困ったことに手話は万国共通じゃないらしいのです。日本語の手話は日本でだけ通用するだけでなく、地方によっても違うそうです。国や地域によって文化も風習も違うわけでこのようなことになるらしいのです。しかし手話がインフォメーション・テクノロジーとして進化し、言語・国・文化を超えて使える万国共通のものになれば素晴らしいことですね。ウエアラブル自動手話翻訳機みたいなものができないでしょうか。夢のようなことはさて置き、来年は日本語の(関西弁の)手話の勉強にとりかかります。これを私の次の人生のチャレンジ目標第1ステップとします。
(雲雀丘学園幼稚園長 平尾聡)

雲雀丘学園ホームページ学園長便り世界へはばたくIT時代を生き抜く親孝行・やってみなはれことばの扉

2018年12月05日

バランスが大切

20171201-0.jpg
「関西教育ITソリューションEXPO」に行ってきました

11月7日,インテックス大阪(大阪市)で開催された「関西教育ITソリューションEXPO」に行ってきました。この催しは,教育分野におけるIT機器を中心とした各種機器に関する展示会です。展示されていたのは,プロジェクタ,電子黒板などの「ICT機器」,英会話アプリなどの「デジタル教材」,そして自動採点システムなどの「業務支援システム」と様々でした。以前,東京で開催された同EXPOに参加しましたが,そのときと比べ英語,特にスピーキング能力養成のためのデジタル教材が増えた印象を受けました。

今回は,最新の機器や教材を見るだけではなく,本校のプロジェクタ整備について,納入業者のブースでプレゼンテーションを行いました。プロジェクタの性能や機能の説明ではなく,導入にあたって苦労したこと,留意したことなど導入現場の「ノウハウ」をお伝えしました。お聴きいただいたのは「偶然通りがかった教育関係者」の方々でしたが,終了後多くの質問を受け,ICT設備,視聴覚機材の学校現場への導入に対する関心の高さを改めて感じました。

本校では平成28年度に,すべての普通教室にプロジェクタ,スクリーンを設置しました。現在では,ほぼ半数の授業でプロジェクタを活用した授業が行われています。もちろん,従来の黒板とチョークを用いた授業も健在です。今までの教室に無理なく「ふわっ」とプロジェクタを加えた感じです。

私はプロジェクタなど視聴覚教材を積極的に活用した授業と同じくらい,チョークやプリント教材を用いた授業も必要ではないかと感じています。要は「バランスが大切」というわけです。「絶対にプロジェクタを使わなくてはいけない」と指導方法を限定するのではなく,本校の教員は常に「本当にその方法が効果的か?」を考えながら指導方法を自由に選択しています。同じことは,アクティブラーニング型授業や探究型授業にも言えるのではないでしょうか。本校では今後も,この「バランス感覚」を大切に,教育内容の充実を図っていきたいと考えています。

(中高教務部長 道北秀寿)

雲雀丘学園ホームページ学園長便り世界へはばたくIT時代を生き抜く親孝行・やってみなはれことばの扉

2018年11月28日

宝塚キッズロボットプログラミングコンテスト2018

20171114-0.jpg 
 宝塚キッズロボットプログラミングコンテスト2018が11月18日に本校の体育館で開催されました。今年は,大阪北部地震が発生し,さらにいくつも台風が来襲するなど災害に見舞われる1年となりました。予定されていたイベントも中止になるものがいくつもありました。
20181128-1.jpg 今年度開講した放課後プログラミング教室HiRo2Baの子どもたちが目指していた大会もその1つでした。WRO(World Robot Olympiad)という自律型ロボットの国際大会の兵庫予選会はベーシック部門が気象警報発令に伴って中止となりました。子どもたちが学んだことを発表する場がなくなってしまったのです。
 HiRo2Baで指導に当たっていただいているProglabの先生と学園小学校の先生達で,学んだことを表現する場として大会が開けないだろうかと話し合っていました。学園長先生をはじめ,管理職の先生方にもご賛同いただいた上,計画や機材の手配など細かな部分を詰めていただいたことにより開催に至りました。
 大会には,本校の児童とプログラミングスクールProglabの兵庫県内の教室で受講している受講生も参加し,総勢84名と大きな大会となりました。2人組で競技に挑み,ペアとなる子は当日発表されました。見知った子かもしれませんし,初めて出会った子かもしれません。ロボットをプログラミングによって決められたコースを走らせ,途中でのミッションも与えられました。3時間という長丁場でしたが各チーム協力して挑みました。閉会式では,最優秀賞と審査員特別賞に選ばれた3組に賞状ならびにトロフィーが授与されました。20181128-2.jpgまた,協賛いただきましたサントリーフーズ様より参加賞のご提供をいただき,参加者にお渡しすることができました。
 多くの方のご協力により,児童の発表の場が与えられましたこと,心より感謝いたします。
(小学校ICT教育主担 森岡俊勝)
雲雀丘学園ホームページ学園長便り世界へはばたくIT時代を生き抜く親孝行・やってみなはれことばの扉

2018年11月14日

道徳の授業より

20180724-0.jpg 
 先日、中学3年生は沖縄研修旅行に行きました。戦争について資料館を見学し、戦争を経験された方から話を聞き、平和の大切さを身にしみて感じたようです。これを機に、道徳の授業で、自分たちが今できること・将来できることなどを話し合い、発表しました。今できることについて、いろいろな意見が出ましたが、複数出たのが「自分と異なる意見を受け入れる・考える」でした。
 近年、SNS・動画視聴等でも自分自身の好みの情報が蓄積され、「お勧め」の記事等が自動で目に入るようになっています。先日の米国中間選挙においても、選挙戦略として、SNSでの各ユーザーの情報を分析し、効果的に宣伝や記事を配信したそうです。「様々な人と議論し、考えた上で投票していた選挙が変わってきている」と指摘した方もいらっしゃいます。あるTV番組で、twitter上のユーザー同士のやりとりを民主党・共和党支持者別に色分けした図が映されていました。ほぼ同じ政党の支持者同士でしか会話をしていないことが報道されていました。
 学校は集団で生活をする場所です。ネット上と異なり、意見が違う人とも、共に過ごしていく場所です。SNS等が発達する現在、生徒たちにネット上と学校生活の「ギャップ」を感じ、「違う意見を受け入れる」必要性を感じてもらえればと思います。

(中学校高等学校 教諭 三村麻梨乃)

雲雀丘学園ホームページ学園長便り世界へはばたくIT時代を生き抜く親孝行・やってみなはれことばの扉

2018年11月07日

デジタル教科書の活用

20181107-0.jpg 
 今年度,3年生の国語に「デジタル教科書」が導入されました。さっそく自分のパソコンにインストールして,説明文『こまを楽しむ』の学習で使用しました。
 この単元では,日本の各地に伝わるしかけごまの,それぞれの楽しみ方とこまの形が文と写真で紹介されています。授業では「楽しみ方」,「形」の二つの観点で文章を整理していくのですが,文章を読むだけでは,その楽しみ方を理解しきれないこともあります。たとえば,『たたきごま』がそうです。たたきごまは胴の下の部分をむちでたたき,回転を加え続けて楽しみます。写真が添えられていますが,それだけでは,どこを,どれぐらいの強さでたたき,どんなふうに回るのか想像がつきません。その『たたきごま』を回す様子が,デジタル教科書には動画で収録されています。子どもたちはそれを見ると,「あ,そういうことか!」と,回し方を理解することができました。
 文章を読み取る力は国語科で育てる力の最たるものですが,読み取る力が弱い児童にとっては,書いてあることを動画で確認できるということは大きな手助けとなります。この点は,デジタル教科書の大きなメリットです。
 また,教科書の本文を大画面に映し出すことで,全員の視線が一点に集まります。それにより,説明や指示が通りやすくなります。単純なことですが,ストレスなく授業を進める上では大切なことです。画面上の文章にアンダーラインを引く,印をつける,指定した範囲の文字色を変える,コメントを書き込むということも容易にできます。それを保存して次時の学習につなげることも,もちろん可能です。
 新出漢字が書き順にそって画面に浮かび上がるという機能もあります。しかし,これに関しては,今のところは教師が黒板を使って指導するほうが効果があると感じます。デジタル教科書を活用して効果が上がる部分と,アナログで指導する方が良いと感じる部分,それらを上手く使い分けて指導を進めています。
 
(小学校3年学年主任 研究部主任 神吉 清視)
雲雀丘学園ホームページ学園長便り世界へはばたくIT時代を生き抜く親孝行・やってみなはれことばの扉

2018年10月24日

教育ICTタブレット説明会

20181024-0.jpg 
 株式会社KDCの方に来ていただいて、教員対象に教育ICTタブレットの導入に関する説明会をしました。各テーブルに人数分iPadが準備され、実際にiPadを触りながら、どのように授業に活用できるのかを説明していただきました。

20181024-1.jpg20181024-2.jpg
 ご説明のなかで、たくさん興味深い活用方法がありましたが、特に個別学習とグループ学習をきり分けて効率よくできるところが魅力的でした。個別学習では、学習内容を生徒自身が発表するときに、他の生徒のiPadに発表者の画面を表示することができます。そして、発表者がレーザーポインターのような線を使って、「ここの部分を見てください」と指し示すことができます。口では説明しにくいことも伝わるので、生徒にとってかなり発表しやすくなると思います。グループ学習では、グループで共有して作業でき、先生に「できました」・「ヘルプ!」のサインを送ることができ、グループ活動をしっかりサポートできるようになっています。活動の様子がよくわかるので、生徒に直接コメントしたりする時間が増えて、より活発な授業になることを期待しています。
 タブレットを使った授業は、新しい授業方法の一つとして、非常に注目されています。従来の一斉講義型の授業も良いところはありますが、社会が大きく変わっていくなかで必要な力をはぐくむために、新しい授業を模索して、挑戦していくことは大切です。タブレットの活用方法を研究し、より深い学びを実現していきたいと思います。

中高  数学科  大槻 和志 雲雀丘学園ホームページ学園長便り世界へはばたくIT時代を生き抜く親孝行・やってみなはれことばの扉

2018年10月17日

小学校のプログラミング教育

20181017-0.jpg 
 2020年度から小学校でプログラミング教育が始まることは多数報道され,みなさんに広く知られています。しかし,教育現場では,一部の学校や教員がそれに長けていて,全体的には不安が残っていることはあまり知られていません。文部科学省が掲げる目標は,確かに,的を射ていると思います。コンピュータをブラックボックスにしてはいけない。それを作った私たちが,的確に命令を与えて作業をさせる。その手法を中学生からではなく,小学生から学ばせたい。これからは,「読み・書き・パソコン」なんだ,と。
20181017-1.jpg 雲雀丘学園では,昨年度,授業ではなく,放課後に行う課外教室で,「プログラミング教室」をスタートさせました。ロボットプログラミング教室の「プログラボ」さんとタイアップして,学園内に「ヒロバ」と呼ばれる「ラボ」を全国に先駆けてつくり,幼稚園から中学校前半までの幅広い学年を対象として,活動がなされています。もちろん,これで「完了」ではありません。遅ればせながら,やっとスタートラインに立つことができたと考えています。昨年度の内に,まだ一部ですが,「プログラミング的思考」や「プログラミング教育」を研究題材とした授業が,「ラボ」を利用した授業も含めて,実践され始めました。
 本年度,小学校の教務部が提案を行い,約2年をかけて,「プログラミング教育」を全体で取り組むための「ロードマップ」が完成し,動き始めました。数年前から,メディア教育部会のメンバーや,教務部の中でささやかに議論されていたことが,ようやく実を結んだのです。本年度は,6年生の「PC」でビジュアル型プログラミング言語を使った図形を描く授業と,5年生の「PC」と「算数」が連動して,ビジュアル型プログラミング言語を学んだあと,「円と正多角形」の学習で活用していく授業を行う計画になっています。
 テレビゲームが初めて日本で販売された1970年代,それを偶然手にした私は,ゲームの機能と共に,パソコンが「進化」していく様子をこの40年間,見て感じてきました。高等学校に情報科ができた時も,その教員免許を取得する過程で,「高校生ならこのようなことは理解できるよね」と感じたのもつかの間,その考え方を小学生に教えることになるとは思いもしませんでした。1つひとつ前進していかなければならないと感じています。
(小学校教務主任 藤川雅康)


雲雀丘学園ホームページ学園長便り世界へはばたくIT時代を生き抜く親孝行・やってみなはれことばの扉

2018年10月05日

プレゼンテーション機会の増加

20180402-0.jpg
プレゼンテーションとは、聴き手の心を動かし、目的とする行動を起こさせるために行う情報伝達のことです。中高でも、各先生による授業はもちろんのこと、さまざまな場面で生徒から生徒へのプレゼンテーションを行うことが多くなっています。これは、そもそも普段の社会生活や学校生活の中で、私たちの身の回りにプレゼンテーションの能力を要求される場面が数多くあるからだといえます。社会に出てからも、他人にうまく情報を伝えるプレゼンテーション力は大いに役立ちます。学生時代からプレゼンテーション力をつけることは非常に重要です。
20181005-1.jpg最近でこそ、プレゼンテーションといえばPCやOHCを使ってプロジェクタに映し出すスタイルが当たり前のようになってきています。学校現場においても、プロジェクタや電子黒板、先生・生徒の双方向によるPC・タブレット端末での通信機会の普及が進み、それがもう珍しいものではなくなってきています。
これらが普及される前は、コンピュータを使わないプレゼンテーションがたくさん存在し、現在でもそのスタイルが継続されているケースがあります。たとえばデパートの商品売り場で、とても切れ味の良い包丁さばきの現場を見せたり、機能性の高いお掃除グッズなどをうまく紹介したりしていることがあります。お客さんの購買意欲を高めるためには、このように実際に商品を見てもらうこと、かつその場の雰囲気や話し手の技量がものをいいます。
本質的には、コンピュータを使うプレゼンテーションでも同じことがいえます。聴衆にとって有益なプレゼンテーションにするためには、基本的に発信者がしっかりと事前準備して説明を加えなければなりません。発表テーマにおける正しく詳しい情報収集から、話の内容の論理構成を考えたり、視覚的にイメージのしやすい画像や表、グラフを活用することも有効です。特にデータを扱う場合は、表やグラフにまとめると視覚的に表現でき、言葉だけよりもその特徴や傾向を把握しやすいので、情報の受信者の理解を助けたり、発信者の意図を強く印象づけることにつながります。こういった機能はPCやタブレット端末、それに付随するインターネットなどからすぐにまとめることができるので、プレゼンテーションの幅が広がっているわけです。
中高では、すでに全教室にプロジェクタ配備がされており、さらに来年度から新中1にタブレット端末が全員に配布されます。これらのICT機器の普及がさらにプレゼンテーションさらには学習の可能性を高めていくことは言うまでもありません。
しかし、大切なことは、コンピュータを使う使わないに限らず、聴衆にとって良いものになるかどうかです。私たちもこれらの環境を大いに活用・研究し、よりよい学習活動へとつなげていくことを追い求めていきます。

(中学校高等学校 教諭 増田勝彦)

雲雀丘学園ホームページ学園長便り世界へはばたくIT時代を生き抜く親孝行・やってみなはれことばの扉