雲雀丘学園ホームページ学園長便り世界へはばたくIT時代を生き抜く親孝行・やってみなはれことばの扉
 

メイン

2018年12月19日

「年の瀬に快挙!! ICT教育で一歩前へ」

20171208-0.jpg
 雲雀丘学園小学校では従来からICT教育に力を注いできましたが、その際には情報モラル・セキュリティーに関する教育もなくてはならないものとして取り組んできました。
 この度、IPA主催 第14回「ひろげよう情報モラル・セキュリティーコンクール2018」において、こうした情報モラルやリスクマネジメントに関する取り組みが評価され、活動事例部門で文部科学大臣賞をいただくことができました。
 2020年の小学校学習指導要領改訂でプログラミング教育が導入されるなど、教育におけるICT機器の活用は今後さらに進展していくと思われます。確かにこうした 機器を有効に使えば、子供たちの学習に対する興味が高まり、内容豊かな授業展開が可能になります。一方で、SNS等を通じてのいじめや情報拡散のリスクについてもしっかりと子供のうちから理解し、適切に情報機器を使用できることがより一層重要になってきます。
 今後についても、当小学校ではICT教育を一層推進していきますが、その際には情報機器の有効活用と合わせて、情報の安全性を担保することの重要性に一層留意し取り組んでいきます。
 12月21日終業式冒頭で授賞式を行いますが、東京から独立行政法人情報処理推進機構の富田達夫理事長がお見えになり賞状を授与していただく予定です。
*IPA: Information-technology Promotion Agency, Japanの略 独立行政法人情報処理推進機構のこと。日本におけるIT国家戦略を技術面、人材面から支えるために設立された、経済産業省所管の中期目標管理法人たる独立行政法人である。(引用:ウイキペディア)
20181219-1.jpg

(雲雀丘学園小学校 副校長 成地 勉)

2018年12月12日

IT手話

20171212-0.jpg 
 個人的なことですが今年65歳となりました。人生100年時代ということですから、あと35年=3万時間もあるつもりでこれからの人生設計を考えなくてはなりません。雲雀丘学園に来て早8年が経とうとしていますが、私の40数年の仕事人生のなかで年数以上にたいへん大きな経験でした。この8年間はそれまでの30数年の会社勤務の経験値をゼロに戻して再出発したようなものでしたが、本当に学園の仲間や子どもたちとの生活は新鮮で目の覚めるようなことの連続でした。そして今また次の人生の第3ラウンドを目の前にしてどのような選択をしようかと考えるときに至っています。
 幸せなことに東京オリンピック・大阪万博というビッグチャンスが巡ってきました。何かお役に立ちたいなと漠然と思っているうちに東京オリンピックのボランティア募集は定員の2倍を超えて終了したようです。大阪万博は地元です。開催するからには人類のさまざまな課題の解決につながるような大成功を収めるようにと祈っています。そして自分は何をやるかですが、手話を勉強して万博に来られた世界の方々を案内できるようになりたいと思っています。ところが困ったことに手話は万国共通じゃないらしいのです。日本語の手話は日本でだけ通用するだけでなく、地方によっても違うそうです。国や地域によって文化も風習も違うわけでこのようなことになるらしいのです。しかし手話がインフォメーション・テクノロジーとして進化し、言語・国・文化を超えて使える万国共通のものになれば素晴らしいことですね。ウエアラブル自動手話翻訳機みたいなものができないでしょうか。夢のようなことはさて置き、来年は日本語の(関西弁の)手話の勉強にとりかかります。これを私の次の人生のチャレンジ目標第1ステップとします。
(雲雀丘学園幼稚園長 平尾聡)

2018年12月05日

バランスが大切

20171201-0.jpg
「関西教育ITソリューションEXPO」に行ってきました

11月7日,インテックス大阪(大阪市)で開催された「関西教育ITソリューションEXPO」に行ってきました。この催しは,教育分野におけるIT機器を中心とした各種機器に関する展示会です。展示されていたのは,プロジェクタ,電子黒板などの「ICT機器」,英会話アプリなどの「デジタル教材」,そして自動採点システムなどの「業務支援システム」と様々でした。以前,東京で開催された同EXPOに参加しましたが,そのときと比べ英語,特にスピーキング能力養成のためのデジタル教材が増えた印象を受けました。

今回は,最新の機器や教材を見るだけではなく,本校のプロジェクタ整備について,納入業者のブースでプレゼンテーションを行いました。プロジェクタの性能や機能の説明ではなく,導入にあたって苦労したこと,留意したことなど導入現場の「ノウハウ」をお伝えしました。お聴きいただいたのは「偶然通りがかった教育関係者」の方々でしたが,終了後多くの質問を受け,ICT設備,視聴覚機材の学校現場への導入に対する関心の高さを改めて感じました。

本校では平成28年度に,すべての普通教室にプロジェクタ,スクリーンを設置しました。現在では,ほぼ半数の授業でプロジェクタを活用した授業が行われています。もちろん,従来の黒板とチョークを用いた授業も健在です。今までの教室に無理なく「ふわっ」とプロジェクタを加えた感じです。

私はプロジェクタなど視聴覚教材を積極的に活用した授業と同じくらい,チョークやプリント教材を用いた授業も必要ではないかと感じています。要は「バランスが大切」というわけです。「絶対にプロジェクタを使わなくてはいけない」と指導方法を限定するのではなく,本校の教員は常に「本当にその方法が効果的か?」を考えながら指導方法を自由に選択しています。同じことは,アクティブラーニング型授業や探究型授業にも言えるのではないでしょうか。本校では今後も,この「バランス感覚」を大切に,教育内容の充実を図っていきたいと考えています。

(中高教務部長 道北秀寿)